日本語English

ホーム > 成約実績 > サービス業

成約実績 サービス業

  • 年月 態様 内容
    2018年1月 新設分割/株式譲渡 IT商材卸売及び素材等製造を営む上場企業が、ノンコア事業のゴルフ場事業をゴルフ場運営会社に売却したケース。これにより譲渡会社は事業の選択と集中を進めることができ、譲受会社側は、自社保有する近隣ゴルフ場との連携により、地域の営業地盤を強固にすることができた。
    2018年1月 株式譲渡 ビルメンテナンス事業を運営する未上場企業が、同業の未上場企業を買収したケース。これにより、買い手は顧客基盤の拡大のほか、これまでにない技術の補完をすることができ、売り手は円滑に事業承継をすることができた。
    2017年12月 株式譲渡 人材派遣業を運営する上場企業が、同業の未上場企業を買収したケース。これにより、上場企業は高度な技術を有するエンジニアの獲得の他、他領域の顧客基盤の獲得ができ、未上場企業のオーナーは円滑に事業承継をすることができた。
    2017年6月 株式譲渡 アプリ開発とwebシステム開発・ITエンジニア派遣の未上場会社が、ゲーム開発の未上場会社を買収したケース。これにより、買い手はゲーム開発部門の強化を図り、対象会社は資本的なバックアップを得ることができ、より一層、ゲーム開発に注力するができた。
    2017年2月 事業譲渡 航空会社向けにサービスを提供している未上場会社が、同サービス事業を同業の未上場会社に売却したケース。 これにより、売り手企業は円滑な事業承継ができ、買手企業は、業務の効率性と収益力向上を図ることができた
    2016年12月 事業譲渡 Webアプリ等の開発を行う上場会社が、上場企業が運営するサービス業向けのパッケージシステム開発販売事業を譲り受けたケース。これにより、上場企業はサービスメニューの拡充を図ることができ、事業を売却した上場企業は売却資金を自社の成長事業に振り向けることができた。
    2016年10月 株式譲渡 システム開発を行う上場会社が、賃貸斡旋仲介・賃貸管理を行う未上場会社の株式の一部を取得したケース。これに伴って、上場企業と未上場企業は資本を絡めた、より強固な業務提携関係を構築することができ、上場企業は安定的な受注を見込めることとなった。
    2016年7月 株式譲渡 投資ファンドが、投資先の会員向けプラットフォーム運営会社をリユースビジネスの運営企業に売却したケース。これにより、投資ファンドは投資回収を行うことができ、買収を行った企業は、投資先企業のノウハウをグループ企業に展開することで、グループ全体での事業拡大を行うことができた。
    2015年11月 株式譲渡 投資ファンドが、生活関連サービスを提供する国内大手企業の株式を創業者から取得したケース。投資ファンドは創業オーナーと共に対象会社の成長を加速させ、事業基盤をさらに強固なものにし、国内トップ企業を目指す。
    2015年6月 資本参加 人材サービス業を営む未上場企業が、ベンチャーキャピタルを含む複数社を引受人として第三者割当増資を実施したケース。これにより、未上場会社は人材サービス業とは別の事業への資金投下を行い、事業の安定を図り、会社を新たな成長ステージに進めることができた。
    2014年11月 株式譲渡 ビジネスコンサルティング業を営む上場会社が、出版会社を買収したケース。これにより、買手は強みを持つEコマース分野における相乗効果創出を図ることができ、売手は経営資源を本業に集中させることができた。
    2014年8月 株式譲渡 ベンダー事業を営む非上場企業が、屋外施設や室内の点検事業を営むオーナー企業を買収したケース。これにより、買手は新規ビジネスへの参入を図ることができ、自社内の人材の有効活用ができるようになり、売手である個人オーナーは持分売却による資産形成を図り、自ら創設した事業を有力企業に承継することができた。
    2014年7月 資本参加 ベンチャー企業投資を手掛けるエンジェル投資家が、フォトグラフィック市場におけるベンチャー企業に投資したケース。これによりベンチャー企業は、スタートアップにおける事業拡大資金を獲得でき、成長に加速を付けることができた。
    2014年3月 株式譲渡 ネット広告代理店事業を営む会社が、上場企業グループの同業を買収したケース。これにより、買手は顧客基盤の拡大及び人員とサービスの拡充を図ることができ、売手は経営資源を本業に集中させることができた。
    2014年1月 株式譲渡 出版会社の経営陣が創業家一族や経営に関与しない株主から株式を譲り受け、経営陣によるMBO(マネジメント・バイアウト)を実現したケース。これにより、創業一族にとっては財産承継問題が解決でき、現経営陣及び対象会社にとってはコーポレートガバナンスの観点から所有と経営の分離が解消され、経営の裁量権が拡大することで中長期的な視点で経営立て直しの体制を整えることができた。
    2013年6月 事業譲渡 教育事業を営む未上場企業が、自社の語学研修事業を人材サービス業を営む上場企業に譲渡したケース。これにより、売手はノンコア事業を円満に外部承継させることができ、買手は研修事業の強化と取引先の拡充による業容拡大の足掛かりを得ることができた。
    2013年5月 株式譲渡 未上場グループの経営をするオーナーが、会員向けプラットフォーム運営会社を外資系投資ファンドに売却したケース。これにより、オーナーは持分のイグジットにより売却益を享受し、外資系投資ファンドは優良案件への投資を実行できた。
    2012年6月 株式譲渡 アジアを中心に展開する外資系投資ファンドが、投資先の国内福利厚生サービス代行会社を、グローバルに事業を展開する海外同業大手に売却したケース。これにより、福利厚生サービス代行会社は信用力の更なる向上と同業大手の持つノウハウを活用でき、外資系投資ファンドは投資案件のExitを達成できた。また、海外同業大手は日本市場に参入することができた。
    2012年4月 株式譲渡 人材サービス業を営む上場会社が、人材マッチングを支援する情報提供事業会社を買収したケース。これにより同上場会社は、既存事業との親和性の高いマッチングビジネスへの参入を実現することができ、売り手はノンコア事業の売却によって事業の選択と集中を図ることができた。
    2012年2月 資本業務提携 グローバルに展開する上場電子機器メーカーが、物流ITサービスを提供する未上場企業と事業提携を行ったケース。これにより、上場電子機器メーカーはITサービスを付加したソリューション提案の実現が可能となり、物流ITサービス企業はハード機器の安定調達を図ることができた。
    2011年12月 資本業務提携 ビルメンテナンスを営む会社が、上場介護会社の株式を大株主より取得したケース。ビルメンテナンス会社は介護の分野におけるビジネスパートナーを確保するとともに、上場介護会社は浮動株式を増やすことなく、長期的な安定株主を確保できた。
    2011年10月 株式譲渡 人材サービスを営む会社が、外国語関連のサービス業を営む会社を買収したケース。これにより買手は自社グループにおける同事業を強化することができ、売手は事業承継問題を解決し、かつ会社を新たな成長ステージに進めることができた。
    2011年7月 株式譲渡 民事再生法を申請した不動産開発事業運営会社が有するゴルフ場運営会社を、不動産賃貸・ゴルフ場運営を手掛ける企業に売却したケース。これにより、不動産開発業者は債権者への弁済資金の確保ができ、買い手はゴルフ場の展開エリアを拡大できた。
    2011年6月 株式譲渡 大手ゼネコン傘下の道路舗装子会社が、投資ファンドが保有する有料道路運営企業を買収したケース。道路運営への事業参画により、成長が期待される道路施設の維持管理/修繕事業やPFI/PPP事業の拡大を目指す。
    2011年6月 株式譲渡 民事再生中のゼネコンが有するゴルフ場運営会社を、全国でゴルフ場運営を手掛ける企業に売却したケース。これにより、ゼネコンは再生計画に基づいて資産の売却を進めることができ、買い手は業容の拡大を図ることができた。
    2011年5月 株式譲渡 人材サービス業を営む上場会社が、技術者派遣業を営む子会社を建築業界向け人材サービス会社に売却したケース。これにより上場会社は短期人材ビジネスに事業ドメインを集中させることができ、譲受会社は対象会社の事業を本業と並ぶ新たな事業の柱とすることで、人材サービスの充実化及び顧客基盤の強化を図ることができた。
    2011年2月 株式譲渡 文芸書や実用書に強い上場出版会社が、代表取締役社長によるMBO(マネジメント・バイアウト)の実施を発表したケース。出版市場が縮小する中、さらなる企業価値向上に向け、非上場化を行った上で抜本的な改革を目指す。
    2009年12月 資本業務提携 アウトソーシング事業を営む会社が、IT機器の販売を行う会社と事業提携を行ったケース。これにより、前者は顧客網の拡大による事業の更なる拡充を、後者はより効率的な販売体制を整えることが出来た。
    2009年8月 株式譲渡 分譲マンション事業を営む不動産会社が、物件管理事業を営む子会社を売却したケース。これにより、親会社は経営資源を集中することにより更なる事業拡大の体制を構築することが可能となり、子会社は売却先の傘下でより安定的な業務体制を構築することができた。
    2009年9月 株式譲渡 運送業を営む未上場会社が、通関業を営む未上場会社を買収したケース。これにより、運送会社は本業周辺分野への事業拡大を図ることができ、通関会社は買い手企業の傘下に入ることにより財務基盤を安定化させることができた。
    2009年8月 事業再生 病院・介護施設を運営する医療社団法人が、民事再生法を申請した医療法人財団のスポンサーに乗り出したケース。これにより再生計画が承認され、スポンサーとなった医療社団法人は運営病院数の拡大を果たすことができた。
    2009年7月 株式譲渡 人材派遣業を営む上場会社が、IT事業を営む子会社を同じくIT事業を営む未上場会社に売却したケース。これにより、上場会社は人材派遣業への集中によって経営基盤の再構築を行うことができ、未上場会社はサービスラインナップの拡充を図ることができた。
    2009年5月 株式譲渡 人材アウトソーシング事業を営む上場会社が、自動車向けアウトソーシング事業を営む子会社を同業の上場会社に売却したケース。これにより、売り手は事業の選択と集中による経営基盤の再構築を行うことができ、買い手は事業拡大を図ることができた。
    2009年3月 株式譲渡 人材派遣業を営む上場会社が、広告代理業を営む子会社を同じく広告代理業を営む未上場会社に売却したケース。これにより、上場会社は経営資源を本業に集中させることができ、買い手の未上場会社は事業拡大を図ることができた。
    2009年1月 事業譲渡 求人広告事業を営む未上場会社が、無料求人情報雑誌事業を事業譲渡したケース。これにより、売手は戦略上重要な事業へ経営資源を集中させることができ、買手は新たな事業分野への展開が可能となった。
    2008年1月 株式譲渡 アジアを中心に展開する外資系投資ファンドが、国内のアウトソーシング会社を買収したケース。これにより、アウトソーシング親会社は、持分のイグジットにより売却益を享受し、外資系投資ファンドは優良案件への投資を実行できた。
    2007年9月 株式譲渡 首都圏で運送会社を営むオーナーが事業承継のために、関西地区の同業他社に株式を譲渡したケース。これにより、オーナーは円滑な事業承継を達成でき、関西地区の同業者は首都圏での新たな拠点の確保と事業地域の拡大を図ることができた。
    2007年7月 株式譲渡 アジアを中心に展開する外資系投資ファンドが、国内の福利厚生サービス代行会社を買収したケース。これにより、福利厚生サービス代行会社は信用力の更なる向上と外資系投資ファンドの持つネットワークを活用でき、外資系投資ファンドは優良案件への投資を実行できた。
    2007年3月 資本参加 旅行会社を子会社に持つ中堅食品会社が債務超過に陥った中堅旅行会社の第三者割当増資を引き受け、子会社化したケース。これにより、中堅食品会社はグループ全体の売上の拡大ならびにグループ化によるシナジーを享受することができ、中堅旅行会社は、グループ化によって事業再生及びさらなる業容の拡大を果たすことができた。
    2006年9月 株式譲渡 事業再生ファンドが有するゴルフ場管理会社をパチンコホール運営会社等が買収したケース。これにより、事業再生ファンドは投資回収を図ることができ、パチンコホール運営会社は事業を多角化することができた 。
    2006年7月 株式譲渡 上場建設関連会社が、不動産販売のベンチャー企業の株式を取得し、買収したケース。上場建設関連会社は、グループの不動産販売部門を強化することができ、ベンチャー企業は信用力の補完により事業拡大のための経営基盤を強化することができた。
    2006年5月 株式譲渡 上場人材アウトソーシング会社が、事業承継を考えていた中堅警備会社のオーナー一族から株式を取得したケース。これにより、上場人材アウトソーシング会社は、アウトソーシング事業の多角化を進めることができた。
    2006年6月 株式譲渡 上場総合人材サービス会社が、ITコンサルティングのベンチャー企業の営業支援ビジネスを新設分割により分離し、分割新会社の株式を取得したケース。これにより、上場総合人材サービス会社は、人材サービスをより多様化と充実化することができた。
    2006年4月 株式譲渡 中堅人材サービス会社が、経営資源を集中するため、警備保障子会社を建設関係のアウトソーシング会社に売却したケース。これにより、中堅人材サービス会社は、経営効率の改善を図ることができた。
    2006年2月 営業譲渡 中堅事業給食会社が、事業拡大のため、業績不振の事業所給食会社を営業譲渡により、買収したケース。これにより、中堅事業所給食会社は売上の拡大を図ることができた。
    2006年1月 株式譲渡 過剰債務に陥った中堅建設コンサルティング会社を建設土木関連の上場会社がメインバンクの協力を得て、買収したケース。これにより、中堅建設コンサルティング会社は、法的整理を回避して、事業再生を果たすことができた。
    2005年11月 株式交換 事業拡大を図りたい営業支援サービス会社が、その信用力と資金調達力を強化するために、上場持ち株会社の傘下に入ったケース。これにより、上場持ち株会社は、グループの人材の採用戦略を充実することができた。
    2005年10月 株式譲渡 債務超過に陥った印刷会社を私的整理ガイドラインに従って、同業の中堅印刷会社が資金を注入して、企業再生に取り組んだケース。これにより、スポンサーとなった印刷会社は、業務エリアを補完し売上規模を飛躍的に拡大することができた。
    2005年6月 合併設立 コンテンツプロバイダーの上場会社が、アミューズメント業界に特化した人材派遣会社と業務提携を行い、合弁会社を設立したケース。これにより、コンテンツプロバイダー会社はB2Bビジネスに本格参入を果たした。
    2005年5月 株式譲渡 名門ゴルフ場の運営会社の創業一族が、会社事業の承継のために、外資系企業に株式を譲渡したケース。これにより、創業一族は、円滑に事業を継承できた。
    2005年5月 株式譲渡 大手賃貸住宅管理会社が事業拡大のために、事業承継を考えていた同業の中堅会社のオーナーから株式を取得したケース。これにより、会社オーナーは、円滑に事業を継承でき、大手賃貸住宅管理会社は、売り上げの拡大を図ることができた。
    2005年4月 株式譲渡 中堅食品会社が事業拡大のため、業績不振の委託給食会社の資本を再構築したうえで、買収したケース。これにより、委託給食会社は経営再建ができ、中堅食品会社は売り上げの拡大を図ることができた。
    2005年2月 営業譲渡 大手食材宅配会社が事業拡大のため、事業構成の見直し進めていた中堅外食会社の食材宅配事業を営業譲渡で取得したケース。これにより、中堅外食会社は不採算事業を整理し、大手食材宅配会社は売り上げを拡大することができた。
    2005年2月 業務提携 上場リフォーム会社が、同業上場会社との業務提携を通じての改修事業のサービスを強化したケース。これにより、上場リフォーム会社はメンテナンス体制を強化した。
    2005年2月 営業譲渡 中堅の事業給食会社が事業領域拡大のため、業績不振の中堅食材卸会社の学校給食事業を営業譲渡により取得したケース。これにより、事業給食会社は、売り上げの拡大を図ることができた。
    2004年12月 株式譲渡 中堅の人材派遣会社が、事業規模拡大のため、TOBにより上場人材派遣会社を買収したケース。これにより、中堅の人材派遣会社は、営業基盤を拡充し、企業規模を飛躍的に拡大することができた。
    2005年1月 株式譲渡 上場請負会社が事業の多角化のため、中堅の再就職支援会社を買収して完全子会社にしたケース。これにより、上場請負会社は、新たな事業の柱を獲得することができた。
    2004年11月 営業譲渡 大手食材宅配会社が業容の拡大のため、事業承継を考えていた地方の食材宅配会社を営業譲渡により買収したケース。これにより、会社オーナーは、円滑に事業を承継でき、大手食材宅配会社は売り上げの拡大を図ることができた。
    2004年11月 合併 上場就職情報支援会社が、グループ内企業の再編と事業基盤強化のために子会社同士を合併したケース。これにより、経営資源を集中し、事業の効率化を図ることができた。
    2004年4月 株式譲渡 産業廃棄物の最終処分会社が、事業継承を考えていた産業廃棄物の中間処理会社を買収したケース。これにより、最終処分会社中間処理から最終処分まで、一環体制を構築することができた。
    2003年12月 株式譲渡 大手企業系列の中堅人材派遣会社が、グループ会社の再編を行う中堅ソフト会社のSE派遣子会社を買収したケース。これにより、中堅人材派遣会社は、IT部門の強化を図ることができた。
    2003年4月 事業再生 過剰債務に陥ったゴルフ場運営企業が民事再生法により、外資系投資ファンドに営業譲渡したケース。これにより、営業譲渡方式による再生計画が承認され、ゴルフ事業の再生を図ることができた。
    2003年3月 店舗譲渡 上場ウェディングサービス会社が営業基盤を強化するため、法的整理中の中堅同業者より、営業店舗を譲り受けたケース。これにより、上場ウェディングサービス会社は、首都圏の商圏を拡大することができた。
    2003年2月 営業譲渡 医療用給食事業の中堅会社が商圏拡大のために、グループ事業の再編に着手しているヘルスケアサービスの中堅企業の医療用給食事業を、営業譲渡により譲受けたケース。これにより、医療用給食会社は売り上げの拡大を図ることができた。
    2003年1月 株式譲渡 上場人材サービス会社が事業領域拡大のため、競争力の低下に悩む請負会社を買収したケース。これにより、上場人材サービス会社がファクトリー分野を強化することができた。
    2002年10月 企業再生 民事再生法を申請した印刷会社に対し、印刷事業の拡大を図る同業者がスポンサーとして再建に乗り出したケース。これにより、再生計画が承認され、同業スポンサー会社は事業拡大を図ることができた。
    2002年10月 営業譲渡 債務過剰に陥った中堅印刷会社が、上場教育サービス会社の印刷子会社に対し、印刷事業を営業譲渡したケース。これにより、中堅印刷会社は事業の継続を図り、特別清算により債務整理を行うことができた。
    2002年6月 株式譲渡 中堅人材派遣会社が、事業承継を考えていたエグゼクティブ・サーチ会社をオーナーから買収したケース。これにより、中堅人材派遣会社は、人材ビジネスの差別化のためのプロダクトラインの強化を図ることができた。
    2002年6月 営業譲渡 中堅人材ビジネス会社が、ノンコアで収益性が低い受託計算事業を受託計算専門企業に事業譲渡したケース。これにより、中堅人材ビジネス会社は、コア事業に特化することができた。
    2002年1月 合併設立 人材ビジネスの中堅会社が、新分野として営業支援の専門会社をマネジメントと合弁で設立したケース。これにより、人材ビジネス会社は、成長が見込まれる事業分野に進出することができた。
    2001年12月 合併 公共事業関連の中堅会社と公共事業の強化を狙う大手総合商社が、JVを組んだケース。これにより、中堅公共関連会社は競争力と信用力を高めることができた。
    2001年12月 会社分割 公共料金の代金回収会社が規制緩和により競争に備えるため、事業部門を会社分割したケース。これにより、経営資源を整理し、他社との提携などの事業戦略が容易になった。
    2001年9月 株式譲渡 中堅外資系人材派遣会社が、グループ会社政策の見直しを進める大手総合商社の人材派遣子会社を買収したケース。これにより、中堅外資系人材派遣会社は、商圏の拡大と専門型の人材派遣会社を構築することができた。
    2001年7月 株式譲渡 中堅外資系人材派遣会社が、グループ戦略の見直しを考えていた大手化学商社の人材派遣子会社を買収したケース。これにより、中堅外資系人材派遣会社は、商圏の拡大と差別化戦略を推進することができた。
    2001年5月 業務提携 中堅外資系人材派遣会社と大手総合商社系人材派遣会社が、業務の相互補完を行うため業務提携したケース。これにより、両社は研修システム相互利用や共同の採用サイトを運営を行うこととなった。
    2000年6月 株式発行 中堅エンジニアリング会社が資金調達及び公開を目指し、個人投資家から資金調達をしたケース。これにより、中堅エンジニアリング会社は、事業拡大のために安定資金を確保することができた。
    2000年2月 営業譲渡 中堅人材サービス業会社が事業再構築の一環として、経営資源を集中するために、ノンコア事業であった人材派遣事業部門を中堅人材派遣会社へ営業譲渡したケース。これにより、中堅人材派遣会社は売り上げの拡大を図ることができた。
    2000年1月 営業譲渡 株式公開を控えた学習塾が新規事業の立ち上げのため、会社清算中の第3セクターのパソコン教室事業を営業譲渡したケース。これにより、塾の教室を利用したパソコン教室の展開が可能となった。
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ