日本語English

ホーム > TMACのサービス > M&Aアドバイザリー・サービス

M&Aアドバイザリー・サービス

戦略的なM&Aアドバイザリー・サービス

TMACは、経営戦略におけるM&Aを総合的にサポートいたします。企業提携に関するご相談からクロージング(最終受渡)まで一貫してお手伝いします。また、企業提携後の経営に関しても引き続きフォローさせていただきます。

昨今、日本においても経営戦略の一つの選択肢としてのM&A(株式や事業の買収、売却)が多用されるようになってきました。

企業規模拡大の手段として、同業種/他業種の事業や企業を買収したい。新規事業や異業種への進出の手段として、事業や企業を買収する方法を検討している。海外進出の手段としてクロスボーダーでのM&Aを検討している。ノンコアビジネスや不採算事業のリストラ策としてM&Aを活用したい。子会社や関係会社の統合等、M&Aを利用した組織再編を行っていきたい。等々、企業のM&Aへのニーズは高まるばかりです。

一方、そのような企業の経営課題を解決するのに効率的で効果的なM&Aですが、専門的な知識やスキル、ネットワークが必要となり、M&Aを検討されている企業が困っているのも現状です。

M&Aは一般的に下記の様な流れで進んでいきます。

戦略的なM&Aの流れ

当社は、M&Aのファイナンシャルアドバイザー(FA)として、上記のM&Aにおける各フェーズにおいて、中小/中堅企業から大企業に至るまで多数のM&Aサポート実績がございます。

スキームの想定では、買収売却企業様のニーズを踏まえた上で、個々の案件に最適な買収方式(ストラクチャー)の立案(合併、会社分割、株式交換等の各種組織再編や、MBO、TOBを含みます。)、資本政策や株主政策の立案、M&Aの全てのフェーズに係るサポートを実施することで、企業様の羅針盤とも言うべき役割を果たしております。

買収/売却の交渉企業の探索では、貴社の企業提携先や資本提携先はもちろん、独自のネットワークから貴社の交渉相手として適する企業をお繋ぎ致します。デュー・ディリジェンスにおけるM&Aプロセスの管理やディール阻害要因の早期発見(指摘)、企業評価におけるフェアネスオピニオン、機密保持契約から基本合意書、最終契約書における条件交渉のサポートを実施し、貴社がより良い条件でM&A実行されることをファイナンシャルアドバイザーとしてサポート致します。

TMACでは、M&Aをご検討される皆様のアドバイザーとして、オンリーワンのM&A支援サービスを提供しております。 まずはご相談下さい。M&A成功に向けてご一緒出来れば幸いです。

成約実績 お問い合わせ

同業種との提携による本業強化と成長戦略

同業種との提携による本業強化と成長戦略

同業他社や競合相手との業務・資本提携などにより、互いの強みを生かすと同時に弱い部分を補完することができます。また、規模の拡大によって業界における競争力を高めることもできます。

異業種との提携による多角化と成長戦略

異業種との提携による多角化と成長戦略

これまで事業上かかわりの少なかった業種とのコラボレーションにより、新たなアイディアや商品、ビジネスモデルを生み出すことができます。新事業の付加による事業の再構築が提案できます。

大企業との提携による中堅企業の生き残り戦略

大企業との提携による中堅企業の生き残り戦略

中堅企業がもつ高い専門性、技術、ノウハウ、エネルギーと、大企業がもつ商圏、信用力、人材、財務基盤などが融合し、より大きなビジネスへと発展させることができます。

「選択と集中」による資本の効率化

「選択と集中」による資本の効率化

会社分割や事業譲渡により、事業ポートフォリオにおけるノンコア事業を切り離すと同時に、コア事業や成長事業により多くの資本を投じて資本効率を上げることができます。

電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ